債務の返済で窮地に陥りついに債務整理をしようという時
 — 

債務の返済で窮地に陥りついに債務整理をしようという時は、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで債務整理の実例や手続き方法などをいつでも簡単に検索することができるようになっています。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、検索ワードや閲覧履歴などが残り、債務整理をしたいと思っていることが誰かにばれるおそれがあります。

できればスマホを使ったほうが安全です。

金融機関が共有している個人信用情報には、債務整理をした履歴が記載されることは免れません。

転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。

例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に転職や就職したいときです。

債務整理をしたという記録が残っていれば、残念ながらそれがネックになり、最初から不採用の返事をしてくる可能性もあります。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、自分の手に負える話ではありません。

債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、それから自己破産というのがあります。

中でも個人再生と任意整理では、安定収入のない人は手続きできません。

というのは、それらは借金の減額を目的としているためどちらも返済しなければならない借金は残っています。

その返済のために安定収入は欠かせないものなのです。

一口に債務整理といっても色々ありますが、いずれも弁護士や司法書士が受任通知を送ってからは債権者である金融機関からの連絡や督促などはピタッと止みます。

ただ、裁判所を通す個人再生や自己破産の場合は全ての債権者を対象とするのに対し、こと任意整理となると話は別で、減額幅の大きい貸主を選んで手続きするものです。

全部を対象とすれば別ですが、そうでなければ督促や連絡等は続くと思ったほうが良いでしょう。

個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する手段を債務整理時に選んだ場合は、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。

したがって司法書士は裁判所への申請書類の作成といった仕事が主体となります。

申立や面談で裁判所に行くのも依頼者本人となり、事務員や裁判官に質問されれば自分で答えるほかありません。

また、自己破産を考えているのであれば、代理人として弁護士を立てないと、手続き上、いろいろ厄介かもしれません。

月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、最終的に支払いが増えて大損したなどというウワサも、もしかすると真実が含まれているかもしれません。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所にひっかかったケースです。

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

和解で30万円の減額に成功した際、数十万もの代金を請求され、初めて気づいたという人もいます。

割に合わない契約をしないために、何にどれくらいかかるかということは初めに確認し、見積書をもらいましょう。

督促状などの封筒が見覚えのない会社からのものにいきなり変わっていたなどというのは珍しいことではありません。

つまり、サービサーなどに債権を譲渡したものと考えて良いでしょう。

債権譲渡の連絡も送付されているはずです。

そういった状態からでも債務整理を開始することは可能ではあるものの、減額交渉等は必然的に新しい債権者と行うことになります。

また、債務整理の介入通知を送付することで、そのサービサー等からの督促や連絡は即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

よくあることですが、任意整理の際は受任通知を送付してから手続き終了までの間、司法書士や弁護士事務所などにあらかじめ決められた金額を積み立てていくことが多いです。

積立金の第一の使途は弁護士報酬です。

手続きが始まると債権回収業者や金融機関への債務の返済が一時停止の状態になるので、その資金を毎月積み立てていき、減額交渉の折り合いがついた際に弁護士報酬に充当するのです。

借入先や回収業者からの取立てや催促に困っている時に自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、弁護士等から借入先あてに受任通知が送付され、受け取った時点でその債権者からの連絡行為、督促行為一切は完全にストップします。

それ以降に連絡や催促などがあれば、ただちに担当弁護士(司法書士)に相談し、対応してもらいます。

連絡は法律で禁止されています。

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、いちいち対応するのは意味がありません。

個人再生や自己破産、任意整理といった債務整理の手続きは、自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、手法としては現実味がありません。

たとえば任意整理を行う際も延滞を繰り返した債務者の言い分を債権者が快く聞いてくれるとは思えません。

それに、裁判所を介する個人再生でも、提出書類は相手が納得してくれるように書かなければいけません。

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

債務整理で時間がかかりすぎると提訴されることもありますし、ここはやはり司法書士や弁護士を頼んで処理してもらう方が良いでしょう。

ヤミ金 嫌がらせ 対策

債権者による返済の催促や取立てが行われている状態で債務整理を行えば
 — 

債権者による返済の催促や取立てが行われている状態で借金の額を減らす「債務整理」を行えば、法務事務所や法律事務所から債権者あてに債務整理の介入通知書が送られた時点で、一切の催促、連絡行為は止みます。

ですから手続き中に連絡があれば内容を問わず、ただちに担当弁護士(司法書士)に相談し、対応してもらいます。

自身が対応する必要はないですし、手続きが終わるまでは相手をするべきではないのです。

たとえ弁護士に着手金が払えない状態でも、弁護士次第ですが債務整理を引き受けてくれるところはあります。

誠意を見せるという意味でも手付金を出来る限り支払うようにするのです。

足りないところについては、受任通知送付後の債務の返済をしなくても良い時期(3か月から半年程度)に積み立てをして、最終的に成功報酬も含めた上で一度に清算するのです。

いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

大抵の債務整理では、手続き前にこのような積立方式について説明があるでしょう。

個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で自動的にすべての債権者が対象となるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで手続きするため、債権者全員を対象とするよりは、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に減額交渉していきます。

ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、こちらの代理人が提案した内容を相手が拒否すれば、当該債務の減額は不可能です。

最近では任意整理をするときは、手続き開始から債権者と和解に至るまで、手続きをする司法書士や弁護士などの指定する口座に月々いくらかを積み立てていく場合があります。

債務整理の依頼をすると貸金業者等に対しての支払いが一時的に保留されるので、その資金を毎月積み立てていき、一連の債務整理が終了したあとに司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。

収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算し、その時点での債務と相殺するのが特定調停の特徴です。

けれども過払いの部分が債務を上回るときは、本来は返金請求できるはずですが、特定調停ではそれを返金してもらえるということはなく、単純に借金がなくなるだけです。

計算して、過払い金がそれなりにあると明らかな時は、特定調停で相殺するとお金が戻ってきませんから、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

また、個人再生に際しては保険契約を解約するまではいかないものの、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、返済額に影響することもありません。

借金が返済しきれず債務整理という手段をとるときは、最近ではスマートフォンやPCから手軽に債務整理に関する情報を知ることができます。

ただし、家族と共有のPCや勤務先などで調べると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから債務整理するような状態なのかと他者に知られる危険もあります。

いつでも気になった時に調べられるので、スマホのほうが安全でしょう。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、もし自己破産をするとその時点で返済しているローン契約は解除となり、売った代金を返済に充てるために、家や車は手放さなければなりません。

しかし、それ以外の債務整理の場合、基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、今まで通り支払う必要があります。

返済のために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

借りたお金は自力で返していくのが筋というものですが、いくら頑張っても返済のめどがつかない場合は任意整理、個人再生などといった債務整理を検討する価値はあるでしょう。

一般に債務整理を行う時期はいつかと言うと、転職などで収入が減り、月々の返済が手取りの30%以上に相当する状態が妥当な時期のようです。

任意整理で弁護士等を訪れるのはこのタイミングが多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。

けして弁護士の独壇場ではなく、司法書士でも債務整理は可能です。

ただし、個別の債権額が140万円以下と定められています。

これから交渉開始というときにそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、依頼を受けた司法書士でも交渉継続は不可能です。

計算さえしていればこのようなことは防げますから、手続きを司法書士に委任するときは債務計算は欠かせませんし、金額によっては時間も気にしなければいけません。

おすすめ⇒債務整理の相談 無料 弁護士

老後のお金の不安
 — 

最近、自分の老後が不安でならない。
結局のところ、それはお金さえあれば解決できる事なんだけどね。
若くて働けるうちはなんでも構わない。

でも、年を取って動けなくなったら…?
その時お金がなかったらどうなってしまうんだろう。

お金さえあれば、優雅に隠居生活を送れる。
一人になって生活が不自由になっても、老人ホームなり施設に入居出来ればなんとかなるかもしれない。

でもお金がなかったら、自分は老後どうなってしまうんだろう。
年金なんて全然あてに出来ないし、今住んでいる家には老後住めそうにないし。

でも今の生活では貯金なんてたいして出来ない。
貯金したとしても、将来お金の価値が下がったら何にもならないし…。
(とかいうのを言い訳にして、つい貯金せずに使ってしまうのも考え物なんだけど)

お金のことを考え出すと、気分が憂鬱になってしまうのでついつい考えないようにしてしまうのだが、本当はそれじゃダメだよね。
老後に困らないように、若いうちにもっと働いてお金を貯めるしかないのかなぁ。

貸したお金をなかなか返してもらえない
 — 

私は結婚して数年経ってから、義母に義父には内緒で100万円貨してほしいと頼まれました。
理由は、義父に高級車を買ってもらったが、20日間ほどで、シートにコーヒーをこぼし、カーナビにもかけてしまい動かなくなったということでした。
理由はともかく、大金だったので旦那さんに相談したいと言うと、「そうすると義父に知られてしまうかもしれない、だから言わないで」と頼まれました。

すごく仲良くしていた義母だったので、断れず貸してしまいました。
貸したときには、半年で返すと言われました。

それから1年がたちますが、1円も返してもらっていません。
催促はメールか、直接二人っきりで会ったときにしています。
「ごめんね、主婦だからなかなかへそくりで貯めるのが大変で」といつも言い訳されます。

けれど義母は義父からちゃんと5万円ほど毎月お小遣いをもらっていて、貯めようと思えば、数万円は月に貯められるはずなのです。
その100万円が今すぐ必要というわけではないですが、一生返してもらえなさそうで悩んでいます。

過払い請求 無料相談 司法書士
http://www.indiavisiontv.net/

家族に隠して債務整理をしようとするとその方法次第で難易度には差があります。
任意整理にあたっては手続きを全部自分でしようと思わない限りは滅多に家族にはばれないでしょう。
ですが、それが個人再生や自己破産となれば、世帯収入や資産を公開する手続きが入るので、そのうちばれてしまう可能性が高いです。
勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず内密にできます。

借金の苦しみから解放されるには、債務整理という方法があります。
債務整理には3パターン(任意整理、民事再生、自己破産)があり、総じて債務整理と呼びます。
これらにプラスして過払い金請求も含んで債務整理と言うこともあります。
手続きの形式がそれぞれ異なるので、情報を集めてから自身のケースに条件の合う方法により、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

自己破産は借金全てを水に流せると言っても、支払いから逃れられないものも一部あります。
債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、非免責事項としてその中に載っているものは支払義務から逃れることはできません。
例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。
なお、同様の扱いに思えそうなものの、非免責事項に養育費は含まれていますが、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

パチンコや競馬などのギャンブルで出来た借金も債務整理はできます。
けれども、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は存続する方法のみとなります。
借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルが元の借金は免責不許可事由に当てはまってしまい、もし破産を裁判所に申し立ててもあまり免責は期待できません。

自己破産をすると全債務の返済義務から解放されることになりますが、自己破産を申請したにも関わらず免責が認められない例があります。
お金を良からぬことに使っていた場合です。
例えば、ギャンブルや投資につぎ込んでいたり、分不相応なショッピングを幾度となくしているようだとそれに該当します。
これらの原因のせいで免責が認められない場合は、他の方法で債務整理を検討しましょう。

いざ申請や手続きに入った際には、できる限り早期の解決を求めたいと債務整理を検討する人は皆さん考えると思います。
けれども、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまではそれなりの期間を要します。
債務整理をするのに用いる方法や、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で要する期間は変わってきます。

どんな状況なのかによって、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは話が変わってきます。
前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。
かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることでやや支払う総額が減るものの、債務整理ほどではありません。
でも、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

極めて経済的に苦しんでいて債務整理について相談できればと思っているものの、何が何でも弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。
他には多忙で事務所に行く時間を割くのが難しいという時は、メールを介して相談することができる事務所も珍しくはありません。
やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、いつでも人目を気にせず行えるため、相談をする上での気軽さという点ではナンバーワンでしょう。

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産、もしくは、個人再生の場合は官報に個人情報が載ってしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。
と言っても、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、官報をいつもいつも読んでいる人など特定の人々のみです。
それから、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる事態は否定できません。

いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないというタイミングで必要なのが債務整理です。
基本的には利息の減免や支払い計画の見直しといった便宜を図ってもらいたい債務者が債権者に対して対話を願い出る事を指します。
けれども、プロを相手取るわけですから、一方の債務者は素人一人で折衝しなければならないとなるとほぼ無理です。
仲立ちを弁護士など専門家に依頼する人がほとんどです。

主婦のお小遣い
 — 

専業主婦になって困ったことがあります。

主人からお給料を預かって家計をやりくりしているのですが自分のお小遣いはどうしたらいいのだろう?と思ってしまいます。

 

まわりのママ友たちは裕福なようでお小遣いに特に糸目なくいろんなところへ行って買い物をしたり、ランチをしています。

わたしもたまの息抜きでそういうことがしたいのですが、給料日間際の家計の厳しいときだとやはり行けないです。

 

そしてその他の日でもわたしが使うより貯金せねば、と思ってしまいます。

まったくそういうことをしていないわけではないのですが他のママと比べたら圧倒的に回数が少ないと思います。

お金の無さが人付き合いを狭めてる、とも思って悲しくなります。

 

主人は息抜きくらい自分でやりくりして余ったお金で行っておいでよ、と話してくれますがわたしのやりくりが下手でそんな余裕もないように思えるのです。

でもそんなことを稼いできてくれている主人に言うわけにもいかないのでなんとなくはぐらかしています。

毎月決まった額をお小遣いとしていただけるように主人に相談してみようかな、と思っています。